• ホーム
  • どうしてEDになるのかまずはその原因を調べてそれぞれに合う改善策を見つけよう

どうしてEDになるのかまずはその原因を調べてそれぞれに合う改善策を見つけよう

2020年01月13日

EDは男性にとってとても深刻な悩みとして知られていますが、原因はストレスなどからくる精神的なものや、心理的なことが大きなウェイトを占めています。また糖尿病や高血圧症などの、心血管系疾患もあり、肥満や運動不足・喫煙など普段何気なく過ごしている生活習慣も関わっているとされます。精神的な刺激により、神経を通って勃起の信号が送られると陰茎部にある海綿体の動脈が開き、血液が流れ込んで行きます。生活習慣病や心理的な問題が原因になり、神経や血管の働きが不十分になっています。

陰茎海綿体に血液の流れ込み方が足りないため、そこから勃起が不完全になりEDとなります。糖尿病になれば神経が迫害されますが、血管がここで硬くなると性的な刺激による血管の拡張が不十分になってしまいます。多くの糖尿病患者が持っている悩みとして、性欲低下やEDを挙げる人が多いです。高血圧症は血圧が高くなれば、血管が逆に損傷して硬くなります。陰茎の血流を抑えてしまうので、勃起不全になる確率も高いです。このように生活習慣とEDの関係があるので、健康的な生活を送り持病を治すことで改善することもあります。

さらに加齢に伴うケースもあり、特に血管が硬くなる動脈硬化が原因とされています。動脈硬化になれば血管が拡がらないため、血液の循環も悪くなります。陰茎海綿体には血液が十分流れ込みませんし、それにより勃起不全が発症します。糖尿病・高血圧や高脂血症などを含めた生活習慣病の人には、血管へ大きな負担がかかるので、動脈硬化が進行することもあります。その結果EDが起こりやすくなりますし、喫煙や行き過ぎた飲酒も原因になり、症状を引き起こしやすい結果になっています。

神経が傷害される病気は、脳出血や脳腫瘍・脊椎損傷や脳外傷・パーキンソン病などがありますが、陰茎海綿体に存在している血管や神経を損傷するような外科手術や外傷が原因で起こることもあります。精神的なストレスを抱えていれば、神経が性的な興奮を感じ取りにくくなり陰茎に伝わらない状態です。これにより勃起不全が起こりやすくなりますし、心理的なものも関わってきます。また日常の仕事や夫婦間の関係によってストレスがあれば、それが原因になることもあります。1度でも性交がうまく行かなければ、それが自信喪失につながり、同様の機会があってもトラウマが原因で何もできないケースがあり、また失敗したらどうしようという不安に駆られていることが多いです。