• ホーム
  • 話題のED治療薬アバナとステンドラはどのような違いがあるのかをチェック

話題のED治療薬アバナとステンドラはどのような違いがあるのかをチェック

2019年12月24日
薬を飲む男性

アバナはステンドらという薬のジェネリック医薬品なので、先発薬か後発薬であるかの違いになります。先発薬のステンドらは、アメリカ・カリフォルニア州にある製薬会社で開発されています。そしてバイアグラよりも即効性に富んでいて、行為が行われるタイミングをはからずに服用することができます。他の種類のED治療薬と比較しても、食費の影響を受けにくいことも大きな特徴です。国内では認可されていないのですが、他の国々では認可されているのでそこで手に入れることができます。

国内でも厚生省の許可を得ることで、ステンドらを処方してくれるクリニックも存在しています。ジェネリック医薬品で一番知られているのはアバナですが、そのほかにさらに改良されたお薬も存在します、開発している会社は異なりますが、同様のジェネリック医薬品でも人の体質によって合わないこともあります。初めて服用する場合は錠剤を半分にし、それぞれを試してみることで知ることができます。ステンドラとの違いは、かなりコストが安く半額から3分の1ほどの価格で購入することも可能です。

アバナはインドの製薬会社が開発したお薬ですが、ED治療薬の開発のほかには美容に関する薬やサプリメント・抗生物質の開発でも幅広く行なっています。世界的にもよく知られている会社で、安心して服用できるお薬です。ジェネリック医薬品の開発に力を入れている製薬会社ですが、その中でもアバナはステンドラのジェネリック医薬品がよく知られています。ステンドラの中ではアバナがよく知られており、人気が高いです。初めての人は比較的安いアバナから始めてみるか、先発薬として知られているステンドラから始めることもでき、どちらも効果が高いので安心して利用できるのが特徴になります。

アバナは赤い錠剤で、50㎎、100㎎、200㎎があるので、小分けをして服用しやすいことが特徴です。1日の服用量が200㎎までになっていますが、価格は50㎎で1錠2000円くらい・100㎎3000円くらい・200㎎5000円くらいになっていて、1錠ずつ梱包されているのではなく4錠がワンシートになっています。赤い錠剤が特徴ですが、1日の服用量は200㎎までなので初めは50㎎から開始すれば体に慣らしやすいです。効果が薄いと感じるときは100㎎、200㎎と少しずつ増やしていくこともできます。少し量を多めに注文し、ハサミなどで半分に割り服用する方法もあります。